家事代行で人気の料理作り置きサービス

毎日のお料理が負担になっていませんか?作り置きサービスでらくらくごはんがおすすめです。
 

作り置きって?

週末や休みの日に、2日~1週間ほどのおかずを作り、冷蔵や冷凍します。それを温め直し消費していくことを作り置きといいます。

共働き夫婦や平日は時間のない単身者、忙しい家族などそれぞれのライフスタイルに合わせた食事作りの方法です。

数年前から注目され、料理研究家などもおすすめしています。忙しいときでも手作りの食事を食べられることができます。
 

作り置きのおかずのメリット

おかずの作り置きにはさまざまなメリットがあります。  

平日の料理作りの時短

共働き夫婦など、平日は特に時間がとれない人たちが仕事がおわり帰宅してから晩ごはんなどの料理をするのはとても大変です。

他にもやることがたくさんある中で、料理はまずこんだてを考え、食材の買い出し、料理、食べて、片づけるという一連の流れに時間がかかる家事といえます。

その中でも料理を作るときは、立ちっぱなしで頭を使いながら複数のことを同時に行う高度な作業となります。

疲れて帰ってきて、その作業を毎日繰り返すのは負担となってきます。作り置きおかずがあると、料理を一から始める必要がなくなり、時短につながります。冷蔵したものや冷凍したものを取り出し、温めなおすだけでしっかりとした一品が出来上がるのです。  

料理の時間を短縮できると、他のことに時間がつかえたり、ゆっくりとリラックスする時間ができます。

こんだてを考えずに済む

料理の中で最も頭を悩ませるのが、毎日のこんだてです。どうしてもマンネリ化、ルーティン化してしまいがちです。

また忙しいと、作り慣れた料理や簡単なものばかりになってしまい、少し手の込んだ料理を作ってみようという気にはなれません。

週末や休みの日にまとめてつくる作り置きでは、時間がたっぷりある中でゆっくりとこんだてを考える時間がとれ、急いで料理をする必要もありません。そのような環境であれば、初めてのメニューにチャレンジしてみる時間もとれるようになります。

罪悪感がない

簡単に食べることができる、お惣菜や冷凍食品。これらを利用するのは決してわるいことではありません。

しかし家族のために栄養バランスの良い食事を提供したいという考えから、中には添加物が気になったり、お惣菜に罪悪感を感じる場合もあるようです。作り置きは、自分で料理したものという安心感が生まれるようです。

このようなメリットがある一方で、作り置きには注意点もあります。作り置きにはむかない調理法や夏場は冬場に比べると腐りやすい環境になったりします。それではそれらの注意点を見ていきましょう。
 

作り置きおかずの注意点

数日から1週間ほどおかずを保存することを考えながらの調理法、そして保存する際にも注意したい点があります。

調理法

濃い味付けを心がける
塩分を多めにすると保存がききます。漬物などと同じと考えてください。
水分の少ない調理法をこころがける
水分は腐りやすい原因となります。できるだけ水分をとばすような料理がおすすめです。
殺菌効果のある薬味や食材を使用する
お酢や梅干し、わさびなどは殺菌効果があるため食材が長持ちします。ピクルスや梅干しのなどが例です。
しっかりと火を通す
加熱の際は、しっかりと火を通しましょう。生焼けは調理後すぐでも危険です。体調異変を起こす可能性があります。

保存方法

冷蔵庫や冷凍庫での保存
調理したものの常温保存は腐敗の原因につながります。特に気温の高い夏場などは気を付けましょう。
清潔な保存容器を使用する
使用する間にはしっかり洗い、水分を拭き取っておきましょう。また使い終わった保存容器もすみずみまで洗いましょう。
専用の取り分け箸を使う
おかずを保存容器から取り分ける場合には、口をつけたお箸などをつかわず、毎回取り分ける専用のお箸を使用しましょう。
食べる際は再加熱する
再加熱できるもの食べる前に再加熱することでより安心です。

ポイントと注意点さえおさえておけば、作り置きおかずは非常に便利な方法です。これで平日に料理に使う時間がぐっと減ります。ところが料理の作り置きに対しては積極的になれない理由もあります。
 

家事代行で人気の作り置きサービス

日々の料理の負担が減って効率的に思える作り置きおかずにもさまざまな理由でハードルを感じている人もいます。

作り置きにチャレンジしてみたいけど週末もなかなかまとまった時間が取れない、料理が苦手なのでまとめてたくさん作ること自体が苦痛、結局作り置きのこんだてに頭を悩ませている、などの問題があるのが実際のところです。
 
そこでおすすめしたいのが、家事代行による作り置きサービスです。実は家事代行のプランの中でも特に人気のあるサービスで多くの人が利用しています。共働き夫婦や忙しい人たちだけでなく、キッチンに立つのが難しい高齢者の方も嬉しいサービスなのです。

家事代行業者によっては、買い出しも含めたサービスをおこなっているところもあり非常に重宝されています。また後片付けまで含まれているプランではとても楽ができるのです。自炊をする時間がないひとり暮らしのひとでも、コンビニのお弁当やカップ麺ばかりでなく手作りの料理が食べられて、片付けも任せられるとあって単身の方にも人気となっています。

好みのおかずや嫌いな食材、子どもが食べやすいものや高齢者向けの食事など、前もって希望を伝えておくと、それらを考慮して作ってくれます。家事代行のスタッフは2~3時間をかけて2日~1週間程度の作り置き料理をつくることができます。

作り慣れているプロだからこそできるもので、自分たちでやろうとすればもう少し時間がかかったり、思ったよりも量がつくれなかったりするかもしれません。

多くの家事の中でも大きな比重をもつ料理はそれだけ負担も大きいものです。

自分で作り置きするのは難しいと考える場合には、プロに任せるのもひとつの手段なのです。

家事代行の作り置きサービスを利用することで、週末の時間も作り置きに時間をとられることなく有意義につかえるようになります。

無理をしない家事で心にゆとりをもって家族との時間を大切にできるのではないでしょうか。
 

まとめ

料理の作り置きは便利で効率的な方法です。しかし作り置きをするためにはまとまった時間が必要となります。

週末の時間を平日のためにつかうとなると、今度は週末が忙しくなってしまうことも考えられます。家にいる時間が長くなった近年、家事の量が圧倒的に増え、その中でも料理をする回数は確実に増えています。お惣菜や冷凍食品でやり過ごすにも限界を感じている場合には家事代行の作り置きサービスを利用してみてはどうでしょうか。手作り料理でありながら、負担が少なく、家族や自身の健康にも安心を感じることができますね。
 

家事代行で人気の料理作り置きサービス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る