共働き夫婦の家事分担の実態とうまくいくコツ

家事は夫婦で分担、ポイントを押さえてお互いの負担を減らしましょう!
 

共働き夫婦の家事の実態は?

近年では共働き家庭が一般的になりつつあります。女性の社会進出が盛んな現代では、子育てや家事をするのは夫婦の共同作業です。

ところが実際にふたを開けてみると、家事や育児に追われているのは女性という実態があるのです。

日本はただでさえ、家事にかける時間が長い国です。その古い風習の中で男性は働き、家は女性が守るもの、という考えが残っているせいかもしれません。これでは男性と同様に働く女性にとっては大きな負担となるのは当然といえます。
 

働く妻の現実

実際に仕事をしながらの家事、育児ではどのようなことが起きているのでしょうか。 

寝るまで座る時間もない

仕事が終わり帰ってきてから、洗濯物を畳み、夕食を作り、片付けなどとにかくゆっくり座る時間もありません。さらに子どもがいる家庭では保育園に迎えに行ったり、明日の準備をしたりとやることが増えます。限られた時間の中で、慌ただしく全てをこなし終わるころにはもう寝る時間となってしまい、自分がゆっくりする暇なんてとても持つことができないのです。

指示をしないと動かない

こちらはバタバタと動き回っている中、パートナーはスマホをみながらくつろいでいる、という場面も多くみられるようです。

家事を手伝ってほしいのに自分からは動かず、あれをしてほしい、と言えばやってくれるという男性もいます。

妻側からしたら、自分ばかりが座る間もなく動いているのになぜそんな風にだらだらしていられるの?という感情が起こってしまのかもしれません。しかしその中には、手伝いたいが何をしたらいいのかわからない、へたに手をだすとかえって足手まといかも、と考えている場合もあります。

やり方があまい

いざ家事を手伝ってもらったはいいが、自分のやり方と違って結局やり直す羽目になりイライラするという意見も多数です。

これは認識の違いによって起こるもので、例えば掃除機かけを例にあげてみてみましょう。男性は「やった」という事実、結果に重きを置く部分があり内容にはこだわらないという面があります。逆に女性は、キレイにすることが目的なので自分が普段気にしている部分や汚れやすい部分なども含め全体的に仕上げます。男性からみると自分がやったときとの違いはわかりませんが、女性は細かい部分まで気が付いてしまうものなのです。そのような視点の違いから、パートナーの家事に納得がいかないという事態がおこってしまうのです。

このような現実を変えるために、夫婦での家事の分担は欠かせません。
 

家事を分担することのメリット

家事を分担することは多くのメリットをもたらします。

気持ちにゆとりができる

お互いが家事を率先して行うことによって、家事がいかに多くの作業の連続であるかを知ることができます。そして大変なのは自分だけじゃないと思うようになり、やってくれたことに対して感謝するようになるでしょう。お互いを思いやることで気持ちにゆとりができ、イライラすることがなくなります。

時間を有意義に使うことができる

ひとりは時間を持て余し、ひとりは時間に追われる生活は、お互いに時間を無駄にしているようなものです。家事を分担することで効率的に時間をつかい、余った時間を有意義に使うことができるようになります。自分の時間としてもよし、夫婦で出かけることもできます。 
 

家事の分担方法のコツ

それでは実際にどのように家事を分担するとうまくいくのでしょうか。家事分担の方法は色々ありますが、生活にあったスタイルや 夫婦間でやりやすい方法を選択することが重要です。

得意分野で分担

家事の分担でおすすめなのは得意分野でわけることです。料理が苦手なひとに料理をしろというのは、その家事に対してストレスを感じ、負担にもなります。料理は不得意だけど、洗濯なら!というなら一連の洗濯業務を任せてしまいましょう。家事に対して嫌悪感を抱かないことが重要です。つまり、自分のできること、得意なことを責任もってやることが分担につながるのです。

必要な家事を書き出します。よく話し合い、完全に分担してしまうことで自分のやるべき家事が明確となり、何をやったらいいのか迷うこともなくなるため、自分から動くことができるようになります。妻からすると、指示をしないと動かないというイライラから解放され、夫側からするとなんとなく妻の機嫌が悪く、居心地が悪いといったこともなくなるかもしれません。  

曜日で分担

平日と週末で分けたり、曜日で分担する方法です。仕事の休みが平日にあるような夫婦や仕事のウェイトが日によって決まっている夫婦におすすめの分担方法です。一回の負担は大きいものの、家事を任せていい日が決まっていると、気持ちも楽になります。分かりやすいルールをつくることでお互いに忘れることなく、確実に家事を遂行することができるでしょう。

アプリで管理

家事の分担を共有するアプリを使うのもひとつの方法です。やるべき家事を表示、家事をやった人が記録、それによって誰がどの家事を行ったかが明確になります。可視化することによって、自分と相手の家事状況を把握でき、それらを共有することで家事を管理することができます。アプリによって機能はさまざまあるので、自分たちに合ったアプリを使用しましょう。

家事代行でストレスフリー

どんなに分担したとしても、予定外のことが起こることは簡単に想像できます。病気や急な仕事など、分担した家事をこなせないということがあった場合にどうしたらいいのでしょうか。もちろん、どちらかがカバーすることで家事は進みます。しかしそれでは結局どちらかの負担になり、分担の意味がなくなってしまうのです。確実に家事をこなしたいなら家事代行を利用するという方法があります。週に1、2回でも家事代行を利用することで、できなかった家事もカバーすることができます。また分担する家事が減るので必要以上のストレスを抱えることがありません。
 

家事分担がうまくいくコツ

家事分担は必要なことです。まずはそのことについてお互いによく話し合い理解することが大事です。そして、分担をするときには決して無理をしないことも重要なポイントです。できないこと、苦手なことははっきりと宣言しましょう。その代わりに、できること、得意なことは率先してやることです。そして使えるものは積極的につかっていきましょう。

便利家電を積極的使用する

食器を洗うのは食洗器で、掃除機かけははロボット掃除機で、といったように家電に任せられる家事もあります。洗濯物の外干しをやめて全自動洗濯機で乾燥までおこなってしまうという選択をすることもできます。最近の家電は非常に優秀で想像以上にいい働きをしてくれます。

夫婦間だけでなく他の人の力も借りる

家事代行サービスでプロの手を借りることで、自分たちの負担が減ります。自由な時間が増えることで気持ちにゆとりができます。自分たちだけでやろうとせずに、家事代行サービスなどの力を借りることは決して悪いことではありません。むしろ欧米ではそれが日常であり、普通のことなのです。
 

まとめ

家事は無理をしないことが大前提です。仕事をしながらの家事、育児はとても大変なことなのです。パートナーの協力はもちろん、家電や家事代行サービスなどを積極的に利用していきましょう。家事に縛られない、ゆとりある生活は心身ともに健康でいられます。

共働き夫婦の家事分担の実態とうまくいくコツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る