まずいのは勘弁!料理代行で失敗しない方法

料理代行とは

家事代行の中でも需要が多く人気なものの中に料理代行があります。

お料理の苦手な方、共働きで食事を作る時間がない場合、ひとり暮らしで偏った食事をしている、高齢で食事作りが負担となっている場合、ケガや病気などでキッチンに立つことができない、パーティ料理をお願いしたい…などさまざまな理由で料理代行を利用することが多いようです。

また料理以外のサービスを行っている場合もあります。

メニューの作成

好みの食材やアレルギー、味付けなどを伝えるとメニューを作成してくれます。

献立に悩んだり、マンネリしがちな毎日の食事が変わってきます。

それだけでも料理代行を利用するメリットといえる人も多いのではないでしょうか。
 

料理に使う食材の買い出し

近所のスーパーなどで、料理に必要な食材などを買ってきてくれます。

いつの間にか重くなってしまう買い物袋。高齢の方などには嬉しいサービスではないでしょうか。

必要な食材を必要な分買ってきて、それらを使ってできるだけ食材を無駄にしないように料理をしてくれるのはとても助かります。

おかず作り置きサービス

何食分かのおかずを作り、タッパーなどに分けて冷蔵庫や冷凍庫で保存してくれる作り置きサービスです。

ご飯を炊くだけで必要なときに食べたいものを取り出し、温めたりお皿に盛り付けたりするだけで家庭の料理が食べることができるのです。忙しい人や単身者の方に特に人気のサービスとなっています。

作り置きは2~3食分から1週間分程度が一般的です。

食事は毎日のこと。献立に頭を悩ませ、毎日の食事作りには時間がかかり、料理は家事の中でも大きな割合を占めます。

世の中のお父さん、お母さんにとっては負担が大きい家事なのです。

料理代行、料理のスキルは?

料理代行サービスは、特に栄養士や調理師免許などの資格が必要ではありません。

プロが作るような料理ではなく基本的な家庭料理ができるスタッフであれば誰でも料理代行ができるという背景があります。そのため、一概に料理代行の料理のスキルがどうであるかを見極めることはできないのが現状です。

サービス会社によっては、免許や資格を持つ人を率先して雇用しているところもあります。

「料理がおいしい!」と引っ張りだこでなかなか予約が取れないほど人気のスタッフが存在する一方で、資格を持っていると聞かされていたにもかかわらず、口に合わないまずい料理を提供されてしまう場合もあります。つまり、料理はスタッフ次第でおいしくもまずくもなってしまうということなのです。

料理スキルを重視したい場合には、あらかじめ情報を収集することも必要となってきます。

料理代行で起こるトラブル・失敗例

料理代行を利用した際によくあるトラブルや失敗を紹介します。

味付けが濃い、薄い、合わない

味覚の違いがあるとはいえ、極端に濃い味付けの場合、その後食べることができなくなってしまいます。せっかく買った食材、作ってもらった料理が全て無駄になってしまうという最悪の自体が起こることも。

必要な調味料やキッチン用品の有無

いざ料理を始めるにあたり、使いたい調味料がない、道具がないというトラブル。中には調理器具を持参するスタッフの方もいらっしゃるようですが、だいたいは家にあるものを使用するのが一般的です。

必要なものがないと作れない、いきなり買いにいかされる羽目になる場合もあるので要注意です。

スタッフが清潔感に欠ける、衛生管理ができていない

スタッフの爪が伸びている、髪の毛を結っていない、生肉を冷蔵庫から取り出して常温のままいつまでも調理しないなど。

口に入るものを作る人が清潔感ゼロだったり、衛生面に無頓着では不安になってしまいます。

家族の健康状態を脅かすような調理方法では、お金を払ってお願いする価値がありません。

手際が悪く時間がオーバーしてしまう

料理はなんといっても手際が重要。いくら家事代行のスタッフであったとしても慣れない他人の家で要領を得られないのは当然のことです。

ただそこまでを想定した時間配分で手際よくこなしてこそプロといえます。時間がオーバーして延長料金が発生してしまうことになっては元も子もありません。

これらはスタッフの質やレベルによって大きく変わってくると同時に、満足度にもかかわってきます。慎重にスタッフを選ぶ必要があるのです。

料理代行で失敗しないポイントとは

好みの味付けやアレルギーなどを含む苦手な食材などは人それぞれ違います。しかし、料理代行で失敗してしまうのは、スタッフのレベルやスキルだけではないのです。

最も重要なのは事前の打ち合わせが料理代行の運命を左右するといっても過言ではないかもしれません。

当日困ることがないように、できるだけ念入りに細かい部分まで打ち合わせができるといいと思います。

メニューの内容

食材の好み、苦手、嫌いな食材、好きな料理、苦手、嫌いな料理、あっさりしたもの、量は多め…などこちらの意思をしっかりと伝えましょう。その中でスタッフさんのスキルや時間などを考慮して可能だと思われるメニューで相談して決めていきます。

好みの味付け

スタッフさんの日常的な料理の味付けが大きく反映される部分です。健康に気を付けている場合などは、その旨を伝えておく必要があります。

アレルギーの有無

これは命に関わる危険もある項目なので、間違いが起こらないよう確認しましょう。  

材料リスト・買い物リスト

必要な食材や調味料、買い物しておくべきものなどをあらかじめ用意してもらいます。こちらで用意する場合だけでなく、買い出しをしてもらう場合も同様です。

当日にあれがない、これが足りないという事態をあらかじめ防ぐために必要です。

使う調理器具

メニューの内容によっては、普段あまり使わないような調理器具や耐熱皿が必要な場合があります。また単身者やひとり暮らしの場合、そもそも調理器具などはそろっていないことが多いものです。

それらは事前に情報として伝えておきましょう。

家にある調理器具だけで作ってくれることもあれば、必要なものをスタッフが持参してくれるかもしれません。

家族構成

子どもや高齢者がいる場合やひとり暮らしの男性では、食べられるものも好みも違います。家族構成に合わせたメニューを考えるのも必要なことです。

上記の情報を前もって同じ認識として共有しておくこが大切なのです。しっかりとお互いが打ち合わせをすることで、自分好みの味、健康的で好きなメニューなどを作ってもらうことができることで失敗を防ぐことができるのです。

打ち合わせはできれば対面、または電話であるほうが後々のトラブルを回避することができます。メールWebでのやりとりは、どうしても伝わりきらない部分が発生してしまいます。結果、失敗につながる可能性が高いといえます。

また、利用したいサービス会社でスタッフの研修が行われているかどうかも失敗しないポイントです。ベテランだから安心というわけではないので、注意が必要です。

衛生管理や身だしなみ、トラブルが起こったときの対処法などがしっかり研修されているスタッフにお願いしましょう。

対面での打ち合わせには、担当スタッフとのコミュニケーションがとりやすいというメリットもあります。利用当日に初対面ではなかなか打ち解けられないことも考えられます。

事前に一度でも顔を合わせておくことでお互いが、話しやすい環境ができあがり、当日も安心して任せることができるようになります。

せっかく料理代行、気持ちよくおいしく利用するためにも失敗しないポイントをおさえておきましょう。

まずいのは勘弁!料理代行で失敗しない方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る