どんな人が利用しているの?家事代行サービス利用の実態

家事代行サービスの壁

欧米では当たり前に誰もが利用するベビーシッターやハウスキーパー。文化の違いで、少し前の日本では家のことや家事は主婦が、女性がすること、という固定観念が付きまとっていました。

大家族で何世代も一緒に暮らしていた時代には、家事の担い手に困ることも少なかったかもしれません。また、いわゆるお手伝いさんといわれる人たちは、富裕層のお屋敷などで働いているといったイメージをもつ人も多いのではないでしょうか。

そのため、時代が変化してもお金を払って家事をお願いすることは敷居が高いと感じたり、抵抗を感じる人がいてもおかしくないのです。

しかし現在は、日本でも共働き夫婦が増え、女性が社会で重要な仕事をし、男性が積極的に子育てに参加する世の中です。少子化が進み、核家族が増え、昔のように家事や育児を手伝ってくれる人が常にいるようなスタイルではありません。それでも掃除や洗濯、料理などの家事は昔から続いているわけです。

家事代行サービスはそのような社会の流れの中で、世の中のニーズに応えるように変化し、サービス業として認知されてきました。

ところがサービスを利用したいと考えている人は非常に多い現実に対し、実際に利用したことがないという人たちからは怠けていると思われそう、贅沢だ、家族に反対されるかも、近所の目が気になる…などの理由があげられています。

家事代行サービスでできること

主に日常的な家事といわれる内容を時間で契約して代行します。

1回の時間は2時間と決められている場合が多く、料金は2千円~4千円が相場となっています。

  • 買い物、料理、おかずの作り置き
  • トイレ掃除、お風呂掃除、洗面台などの水回り、掃除機かけ、窓拭きなど
  • 洗濯、洗濯を干す、洗濯物をたたむ、アイロンがけ

以上が一般的な家事代行サービスの内容となっています。

サービス業者によっては、これらの家事以外である、ペットのお世話や病院への付き添い、また話し相手など様々なサービスを行っていることもあります。時間のみの契約で内容は依頼者側が自由に決められるといったサービスもあります。

このように家事代行はいまや家事のみならず、自分に合ったサービスを選択することが可能となってきています。

共働き夫婦の例

ベビーシッターやキッズシッターに特化したサービスは少なく、日本では家事代行サービスの一環となっている場合が多くみられます。忙しい両親に代わり、家事と一緒に子どものお世話や、送迎をしてくれるのは、共働き夫婦の家庭でとてもニーズが増えています。

また平日はお互いに仕事が忙しく、最低限の家事(洗濯や洗い物など)しかこなせません。そのためせっかくのお休みの日はゆっくりすることもできずに朝から整理整頓をしたり掃除をしたりする時間となってしまうのです。  

そこで家事代行サービスを利用し、平日不在の間に部屋の掃除や片付けをしてもらうことで、休日を掃除の時間にあてずに済み自分の時間を有意義に使うことができるようになります。

単身者の例

男性でも女性でも、一人分の料理をつくるのが面倒だったり、食材がもったいなかったりします。外食やコンビニのお弁当は楽ちんですが、そればかりでは健康面に多少の不安があったりするでしょう。

家事代行サービスの作り置きを利用することで、冷凍・冷蔵保存可能な何日分かのおかずを作ってもらうことでしょくざいを無駄にすることなく、手作りの栄養バランスがとれた食事がとれるようになるのです。

家事が困難な高齢者の例

核家族化している日本では、高齢者夫婦や高齢者のひとり暮らしが増えてきています。一緒に住む家族がいない高齢者の場合、足や腰に痛みなどを抱えながら、毎日の掃除や料理をこなさなくてないけません。

また通院するにもひとりでは不安を感じることもあるかもしれません。家事代行サービスを利用することで、掃除や料理の手助けをしてもらいながら、通院に付き添ってもらうことも可能です。

産前産後や一時的に動けない場合の例

妊婦さんになるとお腹が大きくなり、今まで出来ていたことができなくなります。特にお風呂掃除など体が屈む作業はとても大きな負担となってきます。また産後ではお赤ちゃんのお世話に付きっきりになるため、家事どころではありません。

男性の育休が進む中ではありますが、その取得率はまだまだ少なくお母さんへの負担が大きいのが現実です。

家事代行サービスは産前産後のお母さんの強い味方となります。家事を任せることで、お母さんは無理で危険な作業を避けることができます。産前の体調管理や産後の赤ちゃんのお世話に集中することが可能となります。ケガや病気で一時的に動けない場合にも同様のことがいえるでしょう。

プロに頼みたい場合の例

家事代行サービスは家事のプロともいえます。普段の掃除や洗濯でもプロならではのやり方によってよりキレイになります。

自分の掃除では限界を感じ、ストレスを感じている場合には定期的にサービスを利用することでキレイを保つことができるようになります。日々気持ちよく過ごすことができ、心に余裕がうまれます。

家事代行サービスを利用している人

実際に家事代行を利用しているのはどんな人たちなのでしょうか。過去のお手伝いさんというまでのイメージではないとしても、家事代行を利用するにはお金が発生するという点からお金に余裕のある富裕層のひとたちが利用していると考える人も少なくありません。

また、仕事をしている忙しい女性や家庭の仕事を行う主婦が利用するものだと思っている人がいるかもしれませんがそんなことは決してないのです。実際、家事代行サービスは一般的な家庭から、単身赴任者や単身で住んでいる人、高齢者のお宅、妊婦さんで一時的に動けない場合など様々な人が様々な理由で利用しています。

つまり、少し誰かに手伝ってほしい、手を借りたいと思っている人たちが家事代行サービスを考えているということになります。

生活に余裕を求める人、仕事に集中したい人、家事が苦手な人、日々の家事に追われたまにはお休みがほしい人、どんな理由でも誰でも家事代行サービスを利用することができます。今は家事代行サービスの利用は特別なことではないのです。

できないことや、時間があまりにも足りない、人手がたりない、そんな時には誰かに助けてもらいたいものですが、身内や知り合いが遠くに住んでいる、一時的な手伝いが必要なときなどに頼りになるのが家事代行サービスといえるのです。

自分の時間がほしい、家事が困難なひと、単身者の男性、女性、店舗やオフィスなどありとあらゆるシーンで利用されています。

また最近ではお祝いやありがとうの気持ちと一緒に家事代行サービスをギフトとして送る人も増えてきました。需要が増えてきている証拠といえるのではないでしょうか。 

まとめ

家事代行サービスは年々ニーズが増え、利用者も増えてきています。実際に利用している人たちは、手を借りたいと感じているごくごく一般の人たちです。

サービスを利用することに抵抗がない世の中になることでさらに浸透し、誰もが気軽に利用できるようになってほしいです。

家事代行サービスが気になっているけれど、まだ利用したことがないという場合には一度お試しを体験することをお勧めします。お試しの料金は通常より低価格に設定されていることが多いため、気軽に体験できるのもメリットです。

どんな人が利用しているの?家事代行サービス利用の実態

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

トップへ戻る